西京漬けの上手な焼き方

西京漬けの上手な焼き方をご紹介いたします。「焦げない上手な焼き方を知りたい」というお声をよくいただきますが、アルミホイルを使うと簡単に、調理器具を汚さず、そして上手に焼くことができます。

ステップ1

ステップ1はじめに、クッキングペーパーなどで西京漬けに付いた味噌を軽くふきとります。

上手な焼き方のポイント
味噌を軽くふきとるのが焦げないポイントです。
(味噌がたっぷり残っていると、焦げやすくなりますのでご注意ください。)

ステップ2

ステップ2西京漬けの身がホイルに付きにくくするため、よく揉んでお皿をつくります。

上手な焼き方のポイント
ホイルを使うことで、器具も汚さず、西京漬けが上手に焼けます。
(ホイルを繰り返し使用しますと、溜まった脂に引火する恐れがありますので、常に新しいホイルをご使用ください。)

ステップ3

オーブントースター、フライパン、グリルなど、お好みの焼き方で西京漬けを焼いていきます。
焼き時間はあくまで目安ですので、火の強さや西京漬けの大きさによって調節してください。

ステップ3・オーブントースターの場合オーブントースターの場合(おすすめ)

良く揉んだアルミホイルを敷き、その上に西京漬けを置きます。
そのまま、上下火で8~10分焼きます(1000Wの場合)。

上手な焼き方のポイント
オーブントースターなら、簡単・手軽。調理器具も汚しません。
火の強さや西京漬けの大きさや数によって調節してください。

ステップ3・グリルの場合グリルの場合

良く揉んだアルミホイルを敷き、その上に西京漬けを置きます。
片面を弱火で5~6分ほど焼き、皮と身にうすく焦げ目が付けば西京漬けを裏返し、もう片面を3~5分を目安に焼きあげます。

上手な焼き方のポイント
弱火でじっくり、が焦げないポイントです。
火の強さや西京漬けの大きさによって調節してください。

京都一の傳の『蔵みそ漬』をお買い求めいただいた方には、「西京漬けの上手な焼き方」「西京漬けアレンジレシピ」を掲載した小冊子を同梱しております。どうぞ、西京漬けで多彩な料理をお楽しみください。